通信制高校の学費・授業・自分に合った選び方をお教えします

通信制高校選びネット

学校

千葉県立千葉大宮高等学校

更新日:

千葉県立千葉大宮高等学校の住所は、千葉県千葉市若葉区大宮町2699-1で、最寄り駅は、千葉都市モノレール2号線の小倉台駅です。平成19年に県立高等学校の学校再編成に伴って、独立した通信制の高等学校になりました。通信制で普通科の単位制という特徴があり、通信制なので、普段は自宅自習のレポート学習がメインになります。年に18回ほど、スクーリングと言われる学校に登校する日があります。自宅自習のレポートだけでは出来ない面でのフォローをしてくれるので、協調性なども養われます。定期試験に受かって単位を取得して、卒業までに、74単位以上とる必要があります。千葉県立千葉大宮高等学校の学校行事としては、体育祭や文化祭、修学旅行、ロングホームルームなど多くあります。登校する時の服装に関しては制服などはなく自由です。他の高等学校からの転入や編入も受け付けているので、場合によっては、卒業までの期間や取得しなくてはいけない単位も引き継ぐ事が出来ます。何らかの事情で学校に通えない10代の子が多いですが、通信制なので、働きながら通ったり、様々な年代の人が学んでいます。
【千葉県立千葉大宮高等学校のスクーリングについて】
スクーリングは前期8回の後期8回実施され、登校日は日曜日、月曜日、火曜日の中から自分の都合が合う曜日に登校して授業を受ける事が出来ます。自分では出来ないポイントを教師にしっかりと聞いて学ぶ事が出来ます。基本的には、自宅でのレポート作成が中心となりますが、登校は週1回程度なので、そのほかの時間はアルバイトをしたり趣味に打ち込んだりと、他の学校にはない自由な時間を有効活用することが可能です。漢字検定や英語検定による増加単位や高卒認定試験の科目修得認定などもあります。転入学や編入学の場合でも前籍校で履修した単位がそのまま認められるので、入学時期によっては、遅れることなく卒業が可能ということは嬉しい特徴と言えます。

-学校

Copyright© 通信制高校選びネット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.