通信制高校の学費・授業・自分に合った選び方をお教えします

通信制高校選びネット

学校

地球環境高等学校

更新日:

地球環境高校は、長野県佐久市に本校をもつ広域通信制高校です。長野県の各地にある学習センターに通うとともにレポート課題に取り組み、卒業をめざします。
学校の大きな特色は2つあります。
1つめは、コースに応じて通学日数を決定できることです。長野県各地の学習室でスクーリングを受ける場合は週1回の登校となり、佐久本校への通学の場合は週1か集中型のスクーリング、あるいは週3で通学するスタイルの3つの選択肢があります。
2つめの特色は、「やりたいことに打ち込める学校」をうたい、運動部の活動に力を入れていることです。野球部については、平成23年度に春の甲子園に出場するなど華々しい成績をおさめています。硬式テニス部も、インターハイ出場など優秀な成績を継続しておさめています。運動設備も充実しており、佐久本校には人工芝のグラウンド、女神湖には国際規格基準でナイター対応のサッカー場、軽井沢には3面にわたる屋根付きテニスコートを持っています。
学校行事は、ボランティア活動や農業体験など、地域に密着した行事にも積極的に参加しています。ボランティアとしては、地元のお祭りに参加したり、学校の運動施設の周辺のゴミ拾いをしたり、車椅子バスケットを行うなど普段なかなか行わない珍しい行事が多いです。また、文化祭は生徒が実行委員会を結成して自治的に行う大々的なもので、内容もフリーマーケットやバザーを盛り込み、地域の方にも参加しやすいお祭りとなっています。修学旅行と遠足は隔年で行い、東京や沖縄に行きます。これらの行事1つをとってみても、地球環境高校が地域との交流を大切にし、人と関わる集団生活の中で学ぶものを尊重する姿勢が見えてきます。
進路については、毎年5月から6月に進路ガイダンスを行い、学校の担当者から話を聞ける場を設けるなどしてサポートしています。通信制高校の特色である空き時間を利用して学習をすすめたり新しいことに取り組むことができるよう教職員からのアドバイスも個人的に受けられる。

-学校

Copyright© 通信制高校選びネット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.